宝石買取を利用しよう

こんなもの自宅にありませんか?捨てるに捨てられない貴金属

喜平ネックレス

トラック野郎の父の宝物は喜平ネックレスでした。トラック野郎仲間同士で一緒に買ったものだそうで、いつでもどこへ行くにも身につけていました。喜平ネックレスというのは鎖の環をつないでひねって押しつぶしたもので、つぶした面が並んでいるように見えるようデザインされているものです。父が大切にしていたのは18金のものなので宝石買取のお店で買い取ってもらえるということでした。最初は電話で大体の金額を聞いてみたのですが、これは重さによって金額が変わってくるそうです。査定の出し方は喜平ネックレスの場合はすごく簡単なもので、重さかける単価が買取金額になるので、電話口でもすぐにわかります。しかも壊れていようと全く関係ないということでした。父の物はもちろん壊れていませんでしたし、重さもかなりあったので電話口での査定だけでかなりの金額を出してくれていました。

そのお店以外にもいくつか電話をかけて確認してみたところ、やはり高額な査定額を出してもらうことができ、父も喜んでいました。いろいろ比べた結果、良さそうだと感じたお店へ出向いて実際にネックレスを見たうえで査定額を出してもらいました。父はそのネックレスをずっと身につけていましたが大切に扱っていたことが良かったようで状態も悪くなく、電話口で言っていた金額よりさらに高く買い取ってもらうことができました。その金額には父もびっくりしていましたが、一緒にお店へ行っていた私も驚きました。けれど高額買取をしてもらうことができたので、仲間たちと一緒においしいものを食べに行き、今度は一生の思い出にできるものを買いたいと言っていました。

父の買取につきあった私もその恩恵を受けて、帰りに綺麗なネックレスをプレゼントしてもらいました。喜平ネックレスは今でも持っている人はたくさんいますが、18金のネックレスは金の相場を見極めて買取してもらえば臨時ボーナスのようなものになりますのですごくいいなと感じました。父も買っておいてよかったとニコニコ顔でした。私自身も以前知人にすすめられて喜平ネックレスを買ったことがあり、時々身につけていた程度でしたのでその後日に買取をしてもらいました。父の物よりも重さがかなり軽いものだったのですが、ちょっとしたアルバイトをしたような金額になったのでよかったです。現在では査定などの手数料を買取金額からひかず、手数料0円のところもたくさんありますので、そういうお店を選んで買い取ってもらうのがベストです。